ペルシャ絨毯について

ペルシャ絨毯とは古くからイラン周辺でつくられている絨毯で、美しく高価であることから本来の敷物という用途としてだけではなく、タペストリーやテーブルクロスとしても使用されています。唐草文様やアラベスク文様、幾何学文様などの様々な文様が多く採用されており、世界中に輸出されています。日本にもペルシャ絨毯の専門店があり、シルク製やウール製といった素材でつくられたものが販売されています。またサイズの幅も広く、玄関マットやリビングに最適な大きさの絨毯が取り扱われています。玄関マットといった小さなサイズでも数十万円するものも多く、高価であるため分割払いで購入することもできます。高価な商品ではありますが美しいペルシャ絨毯があれば、より素敵なインテリアが実現できるはずです。ぜひ一つ購入してみることをおすすめします。

伝統あるペルシャ絨毯の種類と使い方

広くてほとんど物が置かれていないようなスペースに、ペルシャ絨毯が敷かれていると、独特な雰囲気のスペースになります。外国風のイメージになり、家具もそれに合った物がほしくなるかもしれません。この絨毯はイランの周辺で生産されており、イランにとっては原油と同じように大切な輸出品となっています。この絨毯の素材は色々な種類の羊からとれた羊毛の物が多いですが、綿の物も、絹の物もあります。どれも天然素材で、時間とともに劣化しますが、特に絹の物は傷みやすいので、絨毯として使うよりはタペストリーとして飾られることが多いということです。絹の輝きと、美しい文様のタペストリーが飾られるのも素敵でしょう。デザインは産地ごと、更には家系ごとに受け継がれています。この受け継がれてきた伝統的なデザインも時間の経過にともなって、わずかに変化してきているようです。

ペルシャ絨毯の見分け方

ペルシャ絨毯は、現在のイラン周辺で生産されている伝統工芸品の一つで、一つひとつ手作業で糸を結んでいくことによってつくられる品物の一つです。とても手間がかかって作られるものなので、一つひとつの値段が高くなっています。でもこの絨毯は柄がとても繊細にできているからか、お店などで敷いたり、趣味で家に敷くためにいいものを探す人がいたりと人気のある絨毯でもあります。でもせっかく買うなら、良いものを見分けて買いたくなります。ペルシャ絨毯を取り扱っているお店を巡っていろいろ見ているとどんな絨毯が良くてどんな絨毯がダメなのかというのが分かります。いろいろお店を回るなら、まず絨毯の裏側を見てほしいです。絨毯の裏側を見て、表面と何の遜色もない染色が施されていたり、きれいな模様が出ていたらそれはいいペルシャ絨毯であるという証拠です。是非、物色する際には生地の裏側までこだわってみてください。

主力商品・サービスはペルシャ絨毯で、直輸入した高品質なペルシャ絨毯をお求め安い価格でご提供しています。 富裕層ばかりではなく、業界初の分割金利手数料をゼロにするなどして、幅広いお客様にアピールしています。 分割金利手数料無料でペルシャ絨毯を購入できます。 当店は直輸入販売を取入れ、極限まで無駄な中間マージンを排除しました。 また自社工房で専門職人によるクリーニングと修理も行っています。 ペルシャ絨毯でおすすめの商品をみる