ペルシャ絨毯はイランの大切な伝統工芸品

イラン周辺に合ったといわれるペルシャという国で作られていたのが、ペルシャ絨毯の定義です。織り方にも村ごとに大きく異なり、手作業で作られているものも少なくありません。昔ながらの祖母から母へ、母から娘へという伝統的な作り方の伝承方法となっています。そのため、購入する際にはかなり信頼性の高いお店で買うことで良い結果につながるのは事実です。大きさによってはかなりリーズナブルなものがありますので、事前に確認しておくことが重要といえます。小さいものであれば60センチメートルと1メートル弱な物、大きいものはかなり大きい会場に敷いても大丈夫な形のものとなっているのは事実です。また、大きさばかりではなく、形状に対しても不安を感じている人が少なくないといわれています。実際に利用している人に一度質問をして、正しいものを見分けたほうが安全です。

ペルシャ絨毯にしみができてしまったら

一般的には長方形の形のものが多いといわれているペルシャ絨毯ですが、まれに丸いものや正方形のものもありますので、確認してから購入してください。信頼できる形状のものを購入することで、安全性を確保できるといわれています。購入して万が一シミなどをこぼしてしまった場合には、どのような処理をしたらいいのか、気になる方も少なくありません。実際に利用するポイントとしては、素材がスチールかウールかを確認してから行ってください。ウールの場合には、洗濯板などを使って洗って足などで絞って物干しざおを使って干している人が少なくありません。染み抜きなども簡単にできるといわれていますが、もしどうしてもシミが落ちない場合は専門業者に相談することです。また、シルクの場合にはもできる限り業者に相談することで、専門職人によってシミを抜いてもらえます。

偽物に注意が必要なペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯を販売しているショップのインターネットサイトを見ると本物や偽物ではありませんなどの記載が多くありますが、偽物の数が多い品物で本物を購入しようと考えた時には、現地に行って絨毯の有名産地を訪れて老舗の絨毯工房から購入する事が本当は一番ですがほとんどの場合不可能なので本物と偽物の区別をつける事が必要です。中国のペルシャ絨毯は残念ながら模倣品が多く、中国で作られた絨毯にはイランで有名な産地のクム産・イスファハン産・ナイン産と産地記名されていますが通常よりも安価な金額で設定されている絨毯は注意が必要です。手触りは本物に比べて硬めで、中国以外にもインドやパキスタンでも模倣品が大量に作られていて、本物と比べると安く売られているので注意が必要です。イランで製造されている絨毯でも最近はイランの職人が指導を行い中国で織られた絨毯も登場していてペルシャ絨毯として販売されています。また、イランで作られていても手織りではなく機械織りも存在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.