自分にあったペルシャ絨毯を選ぼう

自宅を自分好みにしたいと考えている人は多いと言われています。自宅にこだわる人は、インテリアにもこだわる傾向があり、他の人とは違うものを求めることが珍しくありません。もし、他の人とは違うインテリアを探しているなら、ペルシャ絨毯を検討してください。多くの家庭で使用されている絨毯を、自分好みのものにすれば、それだけで他とは違う雰囲気を出せるでしょう。ペルシャ絨毯の中から、自宅にあったものを見つけるといいかもしれません。伝統と技術が詰まった絨毯を使用すれば、他の家とは違う魅力的な家になります。もし、他の家とは違ったインテリアを求めているなら、ペルシャ絨毯を選択しましょう。シンプルなものから豪華なものまであるので、自分好みのものが見つけやすいです。普段使用する絨毯にもこだわり、魅力的な家にするといいでしょう。

ペルシャ絨毯の5つの産地

ペルシャ絨毯は、名前の通り現在のイランで作られている絨毯です。ペルシャ絨毯と言っても、産地によってそれぞれ特徴があります。現在ではイラン国内の、クム・イスファハン・タブリーズ・カシャーン・ナインの5つの産地が有名です。クムの絨毯は絹製が多いのが特徴です。この町の絨毯作りは意外と新しく、カシャーンから技術が伝えられました。しかし、輸出国の好みに合わせたデザインを取り入れる等柔軟な製作をして多く輸出されてきたため、知名度が最も高くなっています。イスファハンは歴史の古い町で王朝があった頃から絨毯作りが行われてきました。そのため傑出した技術力を持ち、目の細かい上質な絨毯の産地です。ここはウールを基本に縦糸に絹を使うのが特徴です。イランの最北部にあるタブリーズもシルクロードの交易で栄えた古い町です。この町は絨毯のパイルを作るのに他の産地と違うトルコ結びの方法を使うのが特徴です。ここは伝統的な柄の他、欧米好みの花柄や緻密な織りを駆使した絵画の様に写実的なデザインもあります。カシャーンは小規模ですが昔から手工芸で栄えた町です。クムに絨毯作りを教えた所ですが、クムと違い現在も伝統的な柄と製法で作られ続けています。しかし、丈夫でしっかりとした作りで今でも名品が生み出されています。ナインは元々フェルトの産地でクムと並んで歴史の浅い産地です。しかし、クムと違い正統派の古典的なデザインが特徴です。またブルーとベージュを使う落ち着いた色彩が特に日本で好まれ、知名度が上がっています。

優雅なペルシャ絨毯について

起源は紀元前までさかのぼるといわれるほどに歴史と伝統のあるペルシャ絨毯は、世界中に多数のファンがいます。その布の種類はシルクとウールに分かれており、一般的に有名なのはウールです。織り方の模様やカラーなどに至るまでその村の伝統が伝えられており、カラーに関しては様々なポイントがあります。そのため、利用する際には事前に形を確認しておくこと、更に購入する際にはどの村のどんな編み方をしているのかをも確認してください。さらに編んである絨毯のカラーに関しては風合いがよく、利用しやすいものが少なくありません。村ごとにカラーが違うので、利用しているものを確認しておくことが最良の選択といえます。利用前に確認しておく必要性を確認して質の高さを確認しておくことが、購入する際に偽物ではないと分かり良い結果につながると評判です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.